スポンサーリンク

何度もCIP能力を使いまわせ!《深海住まいのタッサ》ブリンク!

MTGアリーナ

こんにちは、ぐれんよっしーです

今回はMTGアリーナで構築した「タッサブリンク」デッキのご紹介です!

タッサブリンクとは

「テーロス還魂記」で収録された青の神《深海住まいのタッサ》
何と言ってもその毎ターン誘発するブリンク能力がとても強力な神となっています!
CIP能力持ちクリーチャーと合わせるとたくさんのアドバンテージを稼ぐことができます

ここで軽くブリンク能力とCIP能力についてご説明したいと思います
ブリンク能力とは一時的にパーマネントを追放し、即座に、もしくは終了ステップにそのパーマネントを戦場に戻す能力の総称です。モダン以下で有名なものでいうと《ちらつき鬼火》や《修復の天使》などが存在します
CIP能力とはComes Into Play(場に出る)の略で、戦場に出た時に誘発する能力のことを言います。他にもETB(Enter The Battlefield)と呼ばれることも多いです

この2つの能力を組み合わせることで通常は1度しか使うことのできないCIP能力を何度も使いまわすことができ、それだけで有利にゲームを進めることができます
《深海住まいのタッサ》を中心にこのコンボを大いに活用したブリンクデッキ、これが今回紹介する「タッサブリンク」というわけなのです!!

デッキリスト

《タッサブリンク》

7:《平地/Plains》
8:《島/Island》
4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
23 lands

4:《魅力的な王子/Charming Prince》
3:《迷い子、フブルスプ/Fblthp, the Lost》
4:《厚かましい借り手/Brazen Borrower》
3:《魅了された者、アリリオス/Alirios, Enraptured》
3:《深海住まいのタッサ/Thassa, Deep-Dwelling》
4:《精鋭護衛魔道士/Elite Guardmage》
21 creatures

3:《運命のちらつき/Flicker of Fate》
4:《海の神のお告げ/Omen of the Sea》
2:《意味の渇望/Thirst for Meaning》
4:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
3:《エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death》
16 other spells

サイドボード
2:《解呪/Disenchant》
3:《敬虔な命令/Devout Decree》
2:《霊気の疾風/Aether Gust》
2:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
3:《神秘の論争/Mystical Dispute》
2:《拘留代理人/Deputy of Detention》
1:《夢さらい/Dream Trawler》
15 sideboard cards

デッキカラーはブリンク能力の豊富な白青のアゾリウスカラーで構築しています

クリーチャーには追加のブリンク持ちとして《魅力的な王子》を採用
また《魅力的な王子》自身もCIPクリーチャーのため毎ターン擬似警戒&3点ゲインでも優秀です

CIPクリーチャーには《魅了された者、アリリオス》《迷い子、フブルスプ》《精鋭護衛魔道士》とアドバンテージを取りやすいものを中心に投入しています
特に《魅了された者、アリリオス》はブリンクスごとに3/2反射トークンを出現させるため、十分な戦力として扱うことができます
また1つ注意が必要なのが《迷い子、フブルスプ》です。能力でのブリンクなら大丈夫ですが《運命のちらつき》をフブルスプに撃ってしまうとブリンクされずライブラリーに戻ってしまうので気を付けましょう

スペルに関してはこのカード
第3のブリンク持ち《運命のちらつき》です
ただ使うだけでは手札1枚の損になってしまいます
しかし、真価を発揮するのはこれがインスタントであることです!
CIPクリーチャーが破壊対象になった時にこれでブリンクしてあげれば、破壊を免れるだけでなくCIP能力もおいしくいただくことができてしまいます!
また、この呪文はエンチャントも対象に取れるため《エルズペス、死に打ち勝つ》をブリンクすることでインスタントタイミングでコスト3以上のパーマネントを追放することもできます
他には、相手のトークン除去に使えたりもするので、かなりテクニカルな1枚です!
しかし1枚では仕事をしないため、今回は3枚のみの採用としています

最後に2枚挿ししている《意味の渇望》についてです
基本的には対ウィニーなどでに撃つ相手のいない《エルズペス、死に打ち勝つ》や手札に複数来てしまった《深海住まいのタッサ》を有効牌に変換できるドローソースとして採用しています
実際には2枚でも少し多いイメージはあったので減らしてもいいかもしれません
その場合は、お好きなCIPクリーチャーを入れるといいと思います

クリーチャーをヒュヒュっと飛ばしたらあら不思議アドバンテージが稼げちゃいました
そんなブリンク体験を体感できるおもしろいデッキとなっています
癖になること間違いなしの「タッサブリンク」をぜひ組んで遊んでみてください

そして、このデッキを実際の動きを見たい方には、 なんとYouTubeにて対戦動画をあげていますので良ければそちらをご覧ください!

【MTGアリーナ】CIPを使い倒せ!《深海住まいのタッサ》ブリンク【スタンダード】

他にも色々なデッキを動画で紹介しています!良ければチャンネルの方にも足を運んでみてください!⇒https://t.co/TiBOUy71lj?amp=1

サイドボードについて

環境に多い赤単は時間を稼げればゲイン連打モードに入れるので《霊気の疾風》をとっています
《敬虔な命令》も入っているので除去に関してはかなり厚く撮っていると思います

打ち消し対策にはサイドボードの常連《神秘の論争》
絶対に通したい《深海住まいのタッサ》を通すのに1マナで唱えられるのは非常に便利です

最後の紹介は《拘留代理人》です
ブリンクと相性が悪そうに見えますがそんなことはありません
トークンであればまとめて除去として使えますし、普通に運用してもその時一番どかしたい相手を封印できるので思った以上に取り回しのしやすいクリーチャーとなっています

最後に

「タッサブリンク」はいかがだったでしょうか?

このページの最後にMTGアリーナ用のインポートコードを貼っておきますのでぜひご活用ください

最後までお読みいただきありがとうございました!

デッキ
3 深海住まいのタッサ (THB) 71
8 島 (ELD) 257
4 魅力的な王子 (ELD) 8
7 平地 (THB) 279
3 迷い子、フブルスプ (WAR) 50
2 意味の渇望 (THB) 74
4 厚かましい借り手 (ELD) 39
3 魅了された者、アリリオス (THB) 42
4 時を解す者、テフェリー (WAR) 221
4 精鋭護衛魔道士 (WAR) 195
4 啓蒙の神殿 (THB) 246
3 運命のちらつき (THB) 16
3 エルズペス、死に打ち勝つ (THB) 13
4 海の神のお告げ (THB) 58
4 神聖なる泉 (RNA) 251

サイドボード
2 霊気の疾風 (M20) 42
3 神秘の論争 (ELD) 58
3 敬虔な命令 (M20) 13
2 ドビンの拒否権 (WAR) 193
2 解呪 (M20) 14
1 夢さらい (THB) 214
2 拘留代理人 (RNA) 165

引用元リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました